ラグ & ボーン、コーディネート技が光るスポーティフェミニン|ニューヨーク コレクション|ファッショントレンド

ラグ & ボーン、コーディネート技が光るスポーティフェミニン

NY collection 2013 SS vol.3

ゴールデンウィークを過ぎたらいよいよ夏本番。今年も数多く揃うトレンドの中で、どんなコーディネートを自分流に取り入れようかと考える人も少なくないのでは? そこで、大人の女性らしいこなれた着こなし提案で参考になるのが「ラグ & ボーン」。

例えばメンズのストライプシャツを再構築したシャツドレスは、マスキュリンとフェミニンのボーダーレス化や幾何学模様をよりシンプルに、といったトレンドだけでなく、ひとくせあるディテールや都会的な雰囲気で今シーズンを象徴するスタイルに仕上がっている。また、レザーのライダーズジャケットやモーターサイクル仕様のパンツなど、骨太でスポーティなアイテムをセンシティブなシアー素材やオーガンジーのペチコート、女性らしいAラインのシルエットと組み合わせてテイストミックスへと昇華させている点もポイントだ。

2013年春夏コレクションで「ラグ & ボーン」が打ち出したのは、デザイナーが幼少の頃からなじみがあるというダカール・ラリーなどの砂漠のアウトドアスポーツからのインスピレーション。そこにミリタリーや砂漠の遊牧民、ベドウィン族のカルチャーのエッセンスがプラスされている。白や黒といったベーシックな色に加え、鮮やかなブルー、コーラル、グリーンといったヴィヴィッドカラーが夏に似合う爽やかなイメージを演出。また、砂漠を連想させるベージュをブロックチェックのジャケットに仕立てたり、トレンチコートやキルティングスカートにのせてモダンな夏のスタイルを作り上げていた。

ハードとソフト、その相反する要素を組み合わせ、タイトなボディフィットからオーバーサイズまでさまざまなシルエットを追究した今シーズン。リアルクローズが信条のNYコレクションにおいて、質実剛健でワンランク上のコーディネートの楽しみ方が味わえる「ラグ & ボーン」は、この夏のスタイリング術に多くのヒントを与えてくれそうだ。

■ その他のニューヨークコレクション情報はこちら

TREND
「ラグ & ボーン」が国内3号目となるショップを二子玉川にオープンした。白をベースにしたクリーンな店内はNYのショールームからインスピレーションを得ており、アメリカから取り寄せた什器やアンティーク家具で統一されている。これらの什器は廃材をリサイクルしたもので、ブルックリンにある「ラグ&ボーン」の工房にてハンドメイドで作られたものだ。ショップを彩るラックやシューズシェルフも、アメリカの水道管を使い同じくブルックリンで作られたこだわりのもの。そんなオリジナリティ溢れる店内には、メンズ、レディス、シューズ、アクセサリー、デニムラインが豊富にラインナップ。特にセレブやファッショニスタに人気のデニムが充実しているので、二子玉川に寄った際にはぜひチェックしてみてほしい。

■近藤陽子プロフィール
http://bhrh.jp/special/blog/yoko-kondo
■近藤陽子オリジナルブログ
http://the-styleinsight.com
■ その他のニューヨークコレクション情報はこちら
http://bhrh.jp/fashion/london/