オマーンスルタン大使館で、高品質なフランキンセンスの香りと美パワーを堪能|最新ビューティトレンド情報|Special

オマーンスルタン大使館で、高品質なフランキンセンスの香りと美パワーを堪能

ビューティ・ライフスタイルライターの気になるビューティートレンド情報 / Beauty News vol.19

こんにちは。ビューティ・ライフスタイルライターの石原有起です。

本格的な冬はまだ少し先…ですが、最近は来春発売のコスメの新製品発表会のシーズン!

そんな中、今回は珍しい場所で行われた、新製品の美容オイルの情報をお伝えします。場所は、東京・広尾の閑静なエリアにある、オマーン・スルタン大使公邸。



オマーンというとなじみのない方が多いと思いますが、アラビア半島の東端に位置し、アラビア海(インド洋)とオマーン湾に面する南北に長い国。長い海岸線と標高3000m級の高い山脈、どこまでも続く砂漠などが美しい国です。

会場で目にした幻想的な砂漠の風景に、引き込まれてしまいました。



そこで、古代から利用され、現在も宗教儀式や香水・化粧品の原料として利用されているのが、乳香(フランキンセンス)。オマーンは、あまり知られていませんが実は世界一の乳香の産地なのです。

今回の新製品は、1967年よりフィトテラピー(植物療法)とアロマテラピー(芳香療法)を学び、ライフワークとしているアロマテラピースペシャリスト、日下部知世子さんの手掛けた顔用の美容オイル「ラ ニュイ ドゥース」。



最高級ランクのオマーン産フランキンセンス、”ホジャリ”を配合したオイルです。



オマーン南部・ドファール地方の高地の砂漠で採取された経口薬としても使われている最高級ランクのフランキンセンスを探し求めるため、自らキャラバンを組み砂漠の果てしない道を走り、灼熱の砂漠で採取されたホジャリをさらに選びぬき、精油を抽出されたとか。
水蒸気蒸留によって抽出されるのですが、なんと2kgの樹脂からわずか8mlほどしかとれないという、大変に稀少な精油だそう。

大使婦人自ら、香りのスモークで身体を清めるフランキンセンスの活用法を実践されていました。

フランキンセンスは肌の引き締めやシワ・たるみの予防効果が期待できますし、何より心を鎮めてくれるような深い香りに包まれるだけで、不安や緊張などのストレスから解き放たれていくよう! オイルを用いたハンドマッサージを受けましたが、深呼吸をしながら目を閉じると、なんだか異国に旅したような気持ちを味わえました。



消炎作用、紫外線ダメージの修復作用、更年期のあらゆる症状、また風邪や喘息、気管支炎などの呼吸器系のトラブル改善などにも効果があるといわれている、フランキンセンス。

アラブ伝統のエッセンシャルオイルの、深い癒しと美パワーに包まれてみてはいかがでしょうか?

<製品情報>
□ラ ニュイ ドゥース
http://chiyokokusakabe.com/product/

石原有起プロフィール
石原有起オフィシャルブログ