冬、実は肌よりダメージが加速しやすい“リップケア”を習慣に!|最新ビューティトレンド情報|Special

冬、実は肌よりダメージが加速しやすい“リップケア”を習慣に!

ビューティ・ライフスタイルライターの気になるビューティートレンド情報 / Beauty News vol.24

こんにちは。ビューティ・ライフスタイルライターの石原有起です。

空気がカラカラに乾燥している冬。いつもよりケアを重視していただきたいパーツがあります。それが、リップ。

唇は、皮膚と粘膜の両方の性質を持っていて、とてもデリケート。皮脂腺や汗腺がないので皮脂膜ができず、水分保持機能が低いことや、角層が薄いので水分を溜めこむ力が弱く水分が蒸発しやすいことから、肌よりも乾燥しやすいのです。

さらにメラニン色素が少ないことで、紫外線によるダメージを受けやすいという特徴も。唇は肌以上に、1日中ケアを心がけてくださいね。



□朝~夕方には、T.P.O.に合わせたケアを

唇が乾燥して荒れていると、潤そうとして無意識に唇をなめたり、皮をめくって悪化させてしまう場合があります。それを防ぐためにも、実は重要なのがリップメイク。

口紅をしっかりつけてきちんと見せたいときには、下地として使えるスティックタイプが◎。1本で唇をぷっくり健康的に見せたいなら、ツヤツヤに潤わせてくれるグロスタイプのリップがおすすめです。ほんのり色づくグロスであれば、ナチュラルメイクでありながら顔色を明るく見せることもできますよ。

また、普段リップクリームを塗るときは横にのばす方が多いと思いますが、縦に少しずつ塗るようにすると、唇の縦ジワにも美容成分が浸透してふっくらした唇になるので、ぜひ試してみては?

□お休み前には、潤いを贅沢に浸透させて

一方、夜は唇の乾きを防いで、元気にさせるケアを。そこで、睡眠中にリップトリートメントを習慣にすることが大切です。

荒れがひどいときには、お風呂にゆっくり浸かるときにリップ美容液などをたっぷり塗ってラップでフタをするのがおすすめ。蒸気で唇が柔らかくなっているので、美容成分の浸透もアップします。

唇の調子が良いときには、リップスクラブを優しく滑らせることで、縦ジワに入り込んだ古い角質やメイクの汚れを取り除いておくと、唇のくすみがなくなります。シュガーなど、唇に優しい成分でできたものが良いでしょう。

お悩みが深刻化する冬こそ、日中と夜のダブルケアで唇を効果的にケアして、魅力的なパーツに変身させてみては?

石原有起プロフィール
石原有起オフィシャルブログ