せっかくのツヤ美髪が台無しになる、ヘア&眉毛のスタイリング方法3つ

ビューティ・ライフスタイルライターの気になるビューティートレンド情報 / Beauty News vol.29

髪の毛は、その人の印象を決定づけてしまう、大切なパーツ。しかし、ヘアケアを頑張っていくらツヤ美髪になっても、その魅力を壊してしまう、ヘアと眉毛のスタイリング方法があります。

そこで今回は、一昔前のような古い印象になってしまうNGテクニックをお伝えします。出会いの春、これらを反面教師に、第一印象アップに努めましょう!



1. 前髪を立ち上げてしまう

スタイリングで最も古さを感じるのが、前方に張り出すように立ち上がった前髪や、すだれ前髪。つむじから自然におろしたり、斜めに流すなどで、ナチュラルな雰囲気を出しましょう。カールドライヤー(くるくるドライヤー)を使うと立ち上がりやすくなってしまうので、ドライヤーの微風と手ぐしで自然な流れをつけるのがおすすめです。前髪は顔の印象を決定づけてしまう部分なので、トレンドを意識していただきたいものです。

2. ぐりんぐりんに巻いてしまう

エレガントな巻き髪が好きな方ほど、気をつけていただきたいのが、カールをつけすぎてしまうこと。規則正しい縦ロールやトップから細いヘアアイロンで巻くソバージュスタイルは、バブル時代のような印象になってしまうので、最近はほとんど求められていません。耳横の位置から32mmなどの太めのヘアアイロンでナチュラルに巻いたり、毛先を逃がして巻くなど空気を含んだスタイルに仕上げるのがポイントです。作ったスタイルはキープしたいものですが、スプレーで髪を固めるのではなく、オイルやワックスなどでニュアンスを出す程度にとどめると、ふんわりした巻き髪をキープできます。

3. 髪の印象と合わせずに眉毛を描いてしまう

髪とともに、その人の印象を決めてしまうのが、眉毛。眉毛が細いだけでも、どこか懐かしい印象になってしまうので、太眉にするのがポイントです。ペンシルで眉を描いた後に、パウダーや眉マスカラを使用して、ぼかしながら太さを出すのがベター。また、眉毛が髪の色と合っていないと、なかなか素敵な印象に見えませんので、カラーコーディネートを意識してくださいね。

ナチュラルなヘアメイクが主流の最近は、盛り盛りのヘアスタイルや細すぎるくっきり眉毛では、せっかくの魅力が半減してしまうかも…。春ももう間近に来ています。おしゃれでアカ抜けた印象で、街を闊歩していきましょう!

石原有起プロフィール
石原有起オフィシャルブログ