Great China Hairdressing Award|ジェネレーションネクスト|Special

Great China Hairdressing Award

Generation Next



開催日時:2017年3月27日(月)

場所:中国 上海

Great China Hairdressing Award はロンドンのBHA(ブリティッシヘアドレッシングアワード)を起点として日本のJHAと同じ位置づけの、その年で活躍したクリエーターが集うアワードです。その中のステージをGeneration Next 1期生5名が担当しました。



レポート・感想

■仙田山清隆(Ash 渋谷店)

Generaition Next メンバーとして1年、正直こんなに早く海外の舞台でヘアショーが体験出来ると思っていませんでした。良い意味で自分が思い描いていた上海のイメージと違いました。一つの方向性への結束力。デザインやカラーに対しての強いイメージ、それを形にする技術と妥協なき意思。ショーでは絶対的に必要要素。それを言葉や文章で表現するのは難しいですが、確実に体感しました。

■新納忠幸(Private Salon by AYOMOT)
他国の方々の積極的なアプローチや、ヘアデザインに対しての攻める姿勢が刺激になり日本チームでももっとプレゼンテーション力や攻めたヘアデザインに挑戦していこうと次回への課題が沢山出ました。ヘアショーのバックステージや仕込み段階からステージでどう見せるかを学べる贅沢な環境。テクニック的なこともですがどんな所からインスピレーションを受けてヘアデザインにしているか等、どんな価値観を持ってヘアドレッサーの仕事をやっているか、どんなバックグランドがあり今に至っているのかを知れる事が自分の美容師の世界観を広げています。

■山崎飛鳥(Boris Vian BALCO)
衣装が合わなければその場で袖や裾をハサミで切ったり、メイクもイメージに合わせて、こめかみにブルーのローライトが入ったりと、かなり大胆に作り込んだり、驚きがたくさんありました。通訳なしだったので、海外へ行くと英語力が付くという意味がよくわかりました。しばらくは日本へ帰ってからも、常に英語を出そうと頭が働いていることに気付きました。ジェネレーションネクストメンバーでいられる期間はあと2年しかないので、しっかり吸収し、アウトプットしながら、世界で活躍できるスターを目指してこれからも頑張ります‼