未来をつなぐ夢はさみ 2015年度 活動報告 vol.3|カンボジアでの美容職業訓練レポート|Special

未来をつなぐ夢はさみ 2015年度 活動報告 vol.3

第13回 実施レポート

■夢はさみ”初”のテストを実施



第13回目は奈良県を中心に店舗展開されている株式会社ハピネスから、西澤さん、小川さん、宮嶋さんの3名にトレーナーとして参加していただきました。
今回は前回より少し難しいヘアカットに挑戦です。一度、練習したスタイルはすんなりと出来るようになるのですが、
初めてのスタイルにはやはり悪戦苦闘です。
少しずつモチベーションが下がってきたのを察したトレーナーの1人が「ヘアカットのテストをしよう!」と提案しました。
実はこれまでそのような優劣をつけることは敢えて控えていました。
複雑なバックボーンを抱えている子どもたちには難しい感情を与えてしまうのではないか、と。
ただ、「曖昧なままで終わるのは良くない。何が良くて、何が良くないのかをハッキリさせた方が目指すべき場所が見えるはず」というトレーナーの言葉で実現しました。
結果は大成功!合格と言われると大喜びし、不合格と言われるとふて腐れながらも合格にしてよ〜とばかりに笑顔になったりと、最初の懸念は払拭され、目的は達成されました。





■モデル実践で真価を発揮

ベーシックトレーニング計10日間の最終日は近くの小学校に出向いてのモデル実践です!
イスを並べるとすぐに大盛況に!昨日覚えたばかりの技術を次々と披露していく子どもたちに、トレーナー陣は皆驚いていました。
もう手つきがプロっぽい感じです。特に男の子の刈上げは非常に繊細な技術を必要としますが、ゆっくり正確なはさみ使いでクリアしていく様は圧巻でした。
又、今年は前髪を作る児童が多かったことがとても印象的でした。カンボジア人は一様にまつ毛が長く、前髪を作るととっても可愛いのです。少しずつですが、外からおしゃれな物や情報が入ってきているんだなと実感しました。



いよいよ卒業証書の授与です。朝から晩まで美容漬けの10日間を過ごしたことはなかったでしょう。
達成感、充実感とともにトレーナーとの別れへの寂しい気持ちが交差していたようです。この別れは子どもたちにとってスタート地点でもあります。
立ち止まることなく、練習を続け、いつかこの証書を手に立派な美容師になってくれることを願い、ベーシックトレーニングを終了いたします。