未来をつなぐ夢はさみ 2017年度 活動報告 vol.2|カンボジアでの美容職業訓練レポート|Special

未来をつなぐ夢はさみ 2017年度 活動報告 vol.2

第18回トレーナー感想 “未来をつなぐ夢はさみ”に参加して




第18回トレーナー感想 2017年6月

鈴木光一さん(Organic +Mind)



今回夢はさみの企画を通してカンボジアの人達に技術を教えると言う貴重な経験をして、カンボジアに対するイメージがガラッとかわりました。
貧困や内戦で貧しくて大変…それが僕が抱いていたイメージだったのですが、人々は皆素敵な笑顔で接してくれるし日々を楽しんでいるように感じ取れました。言葉が通じなくても身振りや手振り、絵を描いたりとこちら側の伝えたい‼と言う気持ちが強ければ必ず伝わると言う事も学べましたし、教え方もシンプルな方が良いんだなという事も学べました。
最終日には近くの小学校の生徒をモデルにして、今まで習った技術を駆使して真剣な眼差しでカットしている姿を見て目頭が熱くなりました。
自分がカットした事で子供達が笑顔になっていくのを見て、美容の仕事の楽しさを実感してくれているように思えました。
世界中のどんな年代の人でもやはり綺麗になる事に対して喜びを感じるのは同じで、美容師という仕事は『はさみ一つで国境を越える事が出来る‼︎』と実感出来ました。今回の企画では本当に色々な方との出会いがあり日本では中々出来ない経験させて貰えてとても良い時間を過ごせたと思います‼︎
シュワルツコフさん、knkさんを始めとして
メンバーの皆さん、そして関わってくれた全ての人達に心から感謝しています。今後は夢はさみで得た経験を1人でも多くの人に伝えていきたいと思います。ありがとうございました‼


籾山弥生さん(BARRETA)



夢はさみに参加して良かった!楽しかった!また行きたい!そう思えた1週間でした。限られた日数、言葉が通じない中100%伝えるというのはなかなか難しいことです。しかし日が経つごとに挨拶をした後も残ってカットを続けている子、積極的に質問してきてくれる子、うまく切れなくて悔しがってる子…みんなの向上心・熱意がとても嬉しかったです。参加する前には言葉が通じなくても大丈夫なのかな?など心配なこともありましたが、片言のクメール語・片言の英語・日本語でも気持ちがあって目的が同じであれば言葉が通じなくても伝わる‼︎ということがわかりました。
最終日のモデルカットではみんな楽しそうに、自信を持ってカットをしている姿がとても印象的でした!カットした後にアレンジをしてあげたり、ワックスでセットしてあげたりとモデルになってくれた小学生もカットした子達もみんなが笑顔になり美容師の仕事の楽しさが伝わったと思います。
夢はさみをきっかけに美容師の仕事に興味を持ち美容師を目指すカンボジアの若者が増えると嬉しいです。
一緒に参加したメンバー、協力してくださった皆さんありがとうございました。



菅野正和さん(BLESS)



応募した時の想いと、実際に現地で感じた事は必ずしも一致はしませんが、細かい部分では本当に力になれたんだと感じています。美容と触れ合う事、しっかりとした道具を使い日本の技術を学べる。美容師として自立する人達が誕生出来るよう、引き続き支援が必要かと感じました。支援の本質である自立はバックグラウンドも含め国や個々により違いはあると思いますが、大きなビジョンはカンボジアの人々と支援したい側の思いが本質的に繋がった時に形になると信じています。経験を通してさらに自分達がやるべき事、気づかされたことが沢山ありますのでまずは自分達もやるべき事を着実にクリアして行く事が更に美容の可能性を広げる事だと確信しました。



瀬川那弥さん(hair & Make Oggi)



行ってみなくちゃ、感じなかった!本当に行って良かった!
帰国して率直にそう思いました。
自分の想像以上にカンボジアは活気がありましたし、バッタンバンで過ごした5日間はとても濃かったですが、日本と同じような日常がそこにはありました。
バッタンバンの広い空の下、素敵な方に囲まれて、自然と心が解放されて豊かになっていくのを感じました。
技術指導は最初は不安もありましたが、言葉が伝わらないおかげで、なんとか伝えようと必死になっている自分がいて、生徒さん達は、少しのことで悔しがったり、小さなことにこだわったり、真剣に技術を受け止めようという姿勢が伝わってきて、、ダイレクトに向き合って、ダイレクトに返ってくる、そんなシンプルな関係がとても気持ちよかった。
技術は人との距離を縮めてくれる、そんな素敵なことを肌で感じることができました。
1日目にハサミの開閉をやったばかりにも関わらず、5日目の人頭カットで勇敢にもザクザク切っていく生徒さん達にびっくり!
みんな楽しそうで、感動と勇気をもらいました。
カンボジアの、しかも観光地でもない場所で、当たり前の日々に溶け込みながらハサミを握る、そんな貴重な体験はこの「夢ハサミ」の企画でしか味わえないことだと思います。
それと、現地の日本人美容師さんたちとの交流の場を設けていただけたことで、より自分自身の美容師としての生き方と向き合う、良い機会になりました。
これが私の美容人生の、一つの大きなきっかけになることは確かなことです。
国は違えど、同じ志の人がたくさんいる!
国は違えど、やるべきことは同じこと!
言葉も通じないが、こういう形で関われる美容師という職業は、改めて素晴らしいなと思いました。
経験できて、本当に本当に良かったです。