未来をつなぐ夢はさみ 2018年度 6月 活動報告|カンボジアでの美容職業訓練レポート|Special

未来をつなぐ夢はさみ 2018年度 6月 活動報告

カンボジアの若者たちが、自分たちの手で未来を切り拓く。

【開催概要】
第21回 未来をつなぐ夢はさみ
職業訓練期間2018年6月11日~15日
ボランティアトレーナー:根本晋吾さん(Private salon by AYOMOT)、上田七美さん (gimmick)



【トレーナー感想】


根本晋吾さん(Private salon by AYOMOT)

幸せって何だろう。この旅で深く考えました。

募金をする事だろうか?
物資をする事だろうか?
それとも、何もしない事だろうか?

私達、美容師が出来る事。
すべき事は、
<生きる術(技術)を伝える事>
なのではないでしょうか?

それを習得して、彼女達がどうしたら豊かになるか?
それを、それぞれが考えればいいのではないか?
と思います。

今回の生徒達は、とてもセンスがありました。
技術の習得はもちろん。美容の楽しさまでを、見出していました。
教えたヘアアレンジを、翌日にチャレンジしてきた子もいました。
教えた前髪カットを、翌日にチャレンジしてきた子もいました。

結局の所、在り方。
それが一番大事なのではないかと思います。

この先、彼女達の中から、美容師になり、
お客様を喜ばせる事に、着目する人もいるでしょう。
または、美容師を教育する立場に、なる人もいるでしょう。
それ以上に、業界を変える革命児になる人もいるでしょう。

それぞれの思う所で、成長を遂げる。
これが彼女達の豊かさに繋がれば。
と、私は思います。

最後になりましたが、このような機会を提供して下さった、諸先輩方やスタッフに感謝を申し上げます。
ありがとうござました。

私は、このプロジェクトが、施設の子供達が居なくならない限り、永続する事を強く願います。






上田七美さん(gimmick)
未来をつなぐ夢はさみに参加して。

美容師になってずっとチャレンジしたかった活動が、今回のような美容師としてのボランティア活動、職業支援でした。

自分が美容師に憧れ、夢をもったように、カンボジアの青少年のみんなにも憧れや、夢を持ってもらい、可能性を広げてほしい。
その思いから、このプロジェクトに参加しました。

ベーシックカットの講習を4日間し、最終日には実際に小学校の生徒をカットするという驚きのスケジュールで、実際に行く前は大丈夫かな?と少し不安がありました。

そして、いよいよカンボジアに降り立ち、慣れない凸凹道を、初めてのトュクトュクで活動場所へ向かいました。

活動場所knkに到着しあっとゆう間に一日目の講習がスタート!
今回一緒に参加した根本さんや、シュワルツコフ の谷水さんに助けていただきながらスタートを切りました。

初めてはさみを持った受講生が多かったので、わかりやすく明確に、を課題に取り組みました。
しかし、大切なのはシンプルであるということでした。
日本にいた時には考えなかったことでした。
戸惑いながら、講習が終わる度にもっとこうすれば、ここを伝えればとやりきれ気持ちになりました。
よく考えると、今回のプロジェクトに参加して自分の課題を見つけ、改善していく、私自身が一番成長させて頂けたのではと感じてます。

受講生たちの真剣にカットを学ぶ姿勢、上手くできたときに見せるとびきりの笑顔。
私のモチベーションとなりました。

カンボジアへ行く前に感じていた不安はどこかへいき、最終日に小学生の髪を何人も何人も切ってる姿をみて、人間の持つ底力をみた気がします。
髪を切ってもらった子どもたちは皆嬉しそうにはにかみ、その顔をみてカットした受講生が笑顔になる。
笑顔のリレーを見れた最高の時間でした。

今回の未来をつなぐ夢はさみに参加してくれた彼ら彼女らがこの先、自分の可能性を見出し、夢を見つけたとき、この経験を自信に突き進んでほしいです。
最高の笑顔と共に!!

凸凹道もなれ、トゥクトゥクに乗ってる時の風が心地よくなり、名残惜しい気持ちで帰路につきます。

日本のカット技術を伝え、教えるぞ!と参加したこの未来をつなぐ夢はさみ、全てが終わり振り返ったとき、気付けば受講生のみんなからたくさんのことを教えてもらった一週間でした。

エネルギーに満ち溢れた彼らに出会えたこと、私の中でとても大きな糧となりました。

日本へ戻り、まずは未来をつなぐ夢はさみのプロジェクトについて、経験できた素晴らしさを伝えていきます。
ここをスタートに、未来へ繋がるよう私自身が発信いきます!

今回、同行したくさんサポートして頂いたシュワルツコフの谷水さん、そしてともにトレーナーとして参加した根本さん、ありがとうございます!