未来をつなぐ夢はさみ 2009年度 活動報告 vol.4|カンボジアでの美容職業訓練レポート|Special

未来をつなぐ夢はさみ 2009年度 活動報告 vol.4

第3回トレーナー感想 “未来をつなぐ夢はさみ”に参加して

第3回トレーナー感想 2009年9月
黒木裕勝さん((株)ジャパンプロデュース)



“未来をつなぐ夢はさみ”の活動はこれからも末長く続けていってほしいと思います。私が伝えたかった美容の楽しさ、人を奇麗にすることの素晴らしさを伝えるには、言葉は必要ありませんでした。日本人として、美容師として、カンボジアの子どもたちの想いを形にするためにできることを今後もサポートしていきたいと思います。

カンボジアはアンコールワットのように美しく、豊かにそして、平和に発展していくことができる、そんな確信を、私は今回出会った子どもたちの目の輝きのなかに見出だせたような気がします。

この活動に参加することを可能にしてくれた多くの人に感謝したいと思います。




長谷川竜太さん((有)artism)



カンボジアの子どもたちに美容の技術を指導する貴重な経験を得て、改めて、美容師という仕事をやっていてよかったと思いました。それは笑顔と相手のことを理解しようという気持ち、そしてはさみがあれば、言葉は通じなくても、お互いの心を通じ合わせることができるということを実感できたからです。こんな仕事はほかにはないかもしれません。

さまざまな事情を抱えている彼らですが、そんなことは感じさせることなく、笑顔で接してくれました。経済的、物理的に豊かであることは、人間の心の豊かさや幸せを形成するほんのわずかな要素に過ぎないのかもしれない、そんなことを彼らに教えられた気がします。美容師としての人生を今後も歩むなかで、彼らとの出会いは大きな意味を持つと思います。

「国境なき子どもたち」のスタッフの皆さん、シュワルツコフの皆さんに感謝いたします。そして、いつかまた、彼らに再会できることを切に希望いたします。