未来をつなぐ夢はさみ 2010年度 活動報告 vol.3|カンボジアでの美容職業訓練レポート|Special

未来をつなぐ夢はさみ 2010年度 活動報告 vol.3

カンボジアの若者たちが、自分たちの手で未来を切り拓く。




未来をつなぐ夢はさみ 海外美容職業訓練
第5回実施レポート 2010年6月


日時:2010年6月21日(月)~2010年6月25日(金)

場所:カンボジア北西部バッタンバン「若者の家」

トレーナー:浅野目結花さん((株)NEWTON)、大塚卓さん(Complex)

受講生:15名(第4回訓練参加者14名、第3回訓練参加者1名)

内容:中級カット(グラデーション、セイムレイヤー)



インストラクターレポート

まずは、質問を交えながら前回の復習。前回のトレーニングでは、子どもたちは恥ずかしがってあまり発言しませんでしたが、今回は質問するとみんなが積極的に発言をしてくれました。前回のトレーニング後、各自がきちんと自主練をしていたようで、時間があいたにも関わらず、はさみの使い方や切り方もきっちり覚えているようでした。

今回のテーマはグラデーションとセイムレイヤー。自主練の成果が出ているのか、どの子もとっても上手にカットができており、トレーナーのお二人もビックリされていました。中には、左右の長さが合わず短く切りすぎてしまう子や、グラデーションの角度がつかめず何度も何度も切り直して一向に次のスライスに進めない子も居ましたが、それでも諦めずに何度も挑戦している姿がとても愛おしく見えました。
スタイルが完成すると、誇らしげな表情でウィッグを見せ合っている生徒たち。その姿を見たトレーナーのお二人は胸がいっぱいといった様子でした。

4日目、5日目は、前回同様にモデル実習。前回から期間もあまりあいていないこともあり、モデル不足が心配されましたが、今回はセイムレイヤーでメンズカットもできるようになったこともあり、「若者の家」を始め、コミュニティーからもたくさんモデルさんが集まってくれました。年齢層も幅広く、下は十代前半から上は50代の方までお集まりいただきました。中でも、50代の男性の変身振りには皆ただただ驚くばかり。でも、やっぱり一番驚いていたのは、モデルさん本人でした。

たった2週間の訓練でしたが、驚くほどのスピードでレベルアップができました。先日まで、ハサミを持ったことがないということが信じられないくらいです。子どもたちの熱意と集中力、美容への愛の賜物でしょう。

この美容訓練で、一度に影響を与えられる人の人数は決して多いとは言えないかもしれませんが、必要としてくれる人がいる限りこの活動は続けていきたいと思います。しかし、この活動をただの活動、ボランティアで終わらせないためにも、更に進化をさせて、本当に彼女たちのためになる活動に進化させていきたいと思います。