頼れる、街のかかりつけヘアサロン Part Ⅰ|人気スタイリストのお仕事スナップ|Special

頼れる、街のかかりつけヘアサロン Part Ⅰ

サロン:LA・BEAU大塚店 / ヘアスタイリスト:若狭 智也さん - FILE No.0007_1 -

今回登場していただいたのは、LA・BEAU大塚店の若狭智也さん。独自のサロンコンセプトを展開するLA・BEAUが、地域の人々に愛される秘訣とは?次の来店が楽しみになる、オリジナルメニューなどについてうかがいました。

【 様々な髪の悩みに対応するオリジナルトリートメント 】

シュワルツコフ(以下、SKP):まずはサロンのコンセプトについてお訊かせください。
若狭智也さん(以下、若狭):クリニック&デザインです。クリニックというのは具体的には、独自のトリートメントメニューでお客様の髪の毛の状態を美しく、健康にすることです。素材(髪)の美しさを引き出すことをベースに、その上でお客様のお好みのデザインに仕上げていきます。
SKP:トリートメントメニューにはどんな特徴があるのですか。
若狭:髪本来の力を最大限引き出すために我々のサロンが開発したのが「GOOD TOUCH(グットタッチ)」というトリートメントです。お客様の髪質やお悩みに合わせて、高濃度の栄養剤の調合を変えて施術しています。例えばくせ毛が気になる方、ツヤを重視したい方、などその方のニーズに合わせ髪質改善をしていきます。このように、お客様の髪の悩みにとことん向き合っていますが、やはり一回施術をするだけでは本当の悩みは解決しません。美しい髪を保つためには継続してご来店いただきたいと思っています。
SKP:ケアするごとに美しい髪を育てて行くということですね。お客様も次の来店が楽しみになるのではないでしょうか。
若狭:そうですね。サロンのお客様には主婦の方が多いのですが、忙しい方たちも、きちんと時間を作って来店していただいています。自分たちの提供するものに満足してもらえることは、嬉しいことですね。

【 幅広い年齢層に合わせた「キレイ」を提案 】

SKP:お客様が求めるヘアデザインの傾向とは?
若狭:ミディアム系が一番ボリュームとしては多かったのですが、最近はその流れも変わってきて、やはりショートスタイルにされる傾向が強いですね。ショートスタイルにも柔らかさがほしいという方が多く、ゆるめのパーマをかけたスタイルはとても人気が高いですね。
SKP:カラーリングに関しての傾向はありますか?
若狭:この冬に提案させていただくことが多いのは、ピンクベージュなど、赤みのあるカラーリングですね。今のシーズンですとファッションがダークなブラウンやグレー系など色味が多いですし、ピンク系のヘアカラーは、ダークカラー系のファッションとのバランスが良いのでオススメしています。肌の色もワントーン明るく見せてくれるという効果もあります。
SKP:LA・BEAU大塚店のお客様の中心となる年齢層は?
若狭:本当に幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。30代からのミセスの方が中心となりますが、下は5歳から99歳まで。そのため、それぞれの年代による「キレイ」の基準に合わせた提案が大切だと思いますね。
SKP:なるほど。髪の悩みを相談できたり、健康的な髪へと導いてくれるということで、地域の方々に愛されているサロンなのですね。

次回はインタビュー第2弾を公開!地域に愛されるサロンならではの接客のポイントに迫ります。

若狭 智也 / LA・BEAU大塚店
ヘアスタイリスト
山野美容専門学校卒業後、都内サロンにて10年勤務の後、3年前に株式会社ラボーに入社。コレクションや撮影で培った経験を活かし髪だけではなく、メイク・ファッション「美」にまつわる全てをプロデュースしてラボーにいらっしゃったお客様をこれからも美しくハッピーにすることをモットーとしている。

■LA・BEAU HP
■LA・BEAU 大塚店 facebook