SNSを駆使して、時代の空気感をキャッチ PartⅠ|人気スタイリストのお仕事スナップ|Special

SNSを駆使して、時代の空気感をキャッチ PartⅠ

サロン:Euphoria 池袋店 / ヘアスタイリスト:工藤麻樹さん - FILE No.0010_1 -

Hair Stylist Snap初の女性スタイリストとして、Euphoria 池袋店の工藤麻樹さんが登場!女性ならではの視点による、仕事への取り組み方、トレンドの取り入れ方などについてお訊きしました。

【 遊び心のあるスタイルが今の気分 】

シュワルツコフ(以下、SKP):ユーフォリア では、この春夏シーズンに向けて、どういったスタイルを提案されていますか。
工藤麻樹さん(以下、工藤):池袋店は特にお客様の年齢層が幅広いので、スタイルに関してはオールマイティですが、トレンドをきちんとおさえるという傾向は強いですね。ショートが引き続き人気で、感度の高い人たちだけでなく、今までずっと切らないでいたどちらかというとコンサバ志向の方たちからも、「切りたい」というオーダーをいただいています。特にショートのパーマスタイルが主流で、カラーはハイトーンベースにグラデーションやハイライトを入れたりすることが多いです。
SKP:トレンドの先端を取り入れる方が多いんですね。春夏シーズンということもあり、お客様の気分としても少し遊びの部分を求めているのでしょうか。
工藤:そうですね。特に若い方たちはちょっとした遊び心を取り入れたいという傾向です。今までのスタイルから「変化」を求めている時期なのだと思います。ただ、年齢層が高い方はそうしたトレンドを完全に取り入れるのではなく、少しだけエッセンスをプラスしたり。やはり一人ひとり、似合うスタイルのポイントは外さないことが大切ですね。

【 お客様が「いいね!」と思うポイントを常にリサーチ 】

SKP:引き出しというかいろんなアイデアを出していく上でどんなことを参考にしていますか?
工藤:今は海外の雑誌やウェブサイトが多いですね。ブロガーやエディターのファッションスナップなどをかなりチェックしています。とにかくいっぱい見ていますね(笑)。Facebookも、みんなが「いいね!」を押しているものは何だろうとか。FacebookだけでなくInstagramなど画像投稿サイトも見ますね。
SKP:SNSをかなり駆使されているんですね。
工藤:やはり今、SNSはものすごく情報がたくさん入ってきますよね。人々がどんなものに反応しているかが分かりやすく見えますから。最近特によく見ているのが、POLYVOREというサイトです。テーマごとに雑誌のようにスタイルがレイアウトされていて分かりやすいですし、メイクからファッション、小物まですべて網羅されているんです。更新頻度も高いのでこまめにチェックしています。
SKP:情報が溢れていますが、的確に時代感を捉えるポイントとは?
工藤:私はジャンル関係なく、様々なスタイルを見るようにしています。やはりお客様もいろんな好みを持つ方がいらっしゃるので。それぞれのジャンルにも、良いと思える要素が必ずあると思うんです。最近はオードリー・ヘップバーンのクラシカルなスタイルの画像も集め出しています。今、クラシックが逆に新鮮に感じています。このように幅広く、いろんなこと知っておけば、お客様にもアドバイスできると思うので、普段のサロンワークで使えるよう引き出しはたくさん用意しておきたいですね。

工藤麻樹/ Euphoria 池袋店
スタイリスト
スタイリスト歴 11年。イメージは海外のブロガーや映画の中のオシャレな女の子。『可愛くすること』『魅力的にすること』『個性を大事にすること』を大切にカットするのが信条。自分に似合うスタイルが分からない人、セットが苦手な人にも的確なアドバイスで、満足度の高いスタイルを実現する。
■Euphoria 池袋店 HP
■Euphoria 池袋店 facebook